無職が融資を受けるには?

仕事をしていない無職の方は、融資を受けられないと思われるかもしれませんが、方法がないというわけではありません。

会社員やアルバイトやパート従業員と比べると利用限度額が低くなりますが、申し込みを認めている業者もあります。

ここでは、無職の方が融資を受ける場合の注意点についてご紹介します。


<無職は総量規制で借りられない!?>

「自分は無職だから融資を受けることができない」と思われるかもしれませんが、これは貸金業法の「総量規制」という仕組みによるものです。

総量規制は、融資を受ける人の「年収の3分の1まで」しか貸し付けをしてはならない、というものです。

つまり、アルバイトで年150万円の収入がある人は「50万円」を上限に融資を受けられることになります。

しかし、無職の方の年収は0円ですので、その3分の1も「0円」となり、総量規制の影響により1円も融資を受けられないことになります。


<銀行は総量規制とは無関係!?>

この総量規制が2010年に始まったことで、「無職や専業主婦は融資が受けられない」という話が広まりました。

しかし、総量規制を受けるのは、消費者金融や信販会社など、いわゆる貸金業者ですので、貸金業者ではない「銀行」からは融資を受けられる可能性があることになります。

銀行カードローンの中には、本人に収入のない方の申し込みを認めている場合、認めていない場合があります。

そのため、無職の方が融資を受けるには、銀行カードローンの中で収入の要件がないところを探す必要があります。


<無職におすすめできるカードローンとは?>

無職や専業主婦に薦めできるカードローンは、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」です。

バンクイックは、「専業主婦など本人に収入がない方」の申し込みも認めていますし、審査も30分程度で終わります。

金利も最高で年14.6%と低く設定されていますので、金利で残高が増えすぎてしまうという心配もありません。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.9

最近のブログ記事