最近では、学生でもキャッシングや銀行カードローンでお金を借りる人が増えていますが、「身分証に何を提出すればいいのか?」が分からないと思います。

また、「学生証を身分証として利用できるのか?」と考える人もいますが、残念ながら学生証を利用することができません。

ここでは、学生が利用できる身分証について考えてみたいと思います。

消費者金融は学生でも利用できます。学生専門プラン以外では、収入の問題で限度額が引き下げられることがあります。未成年は親の承諾が必要になります。20歳以上は自己責任で契約できます。利用できる商品は、キャッシングやカードローンになると思います。審査に通るためには、収入が必要になります。学生の場合は、アルバイトやパートで返済するしかないです。収入が不安定でもローンを利用できますが、あまりおすすめできません。消費者金融は金利が高いので、借りすぎると返済できなくなります。基本的にフリーローンなので、お金の使い道を聞かれることはないと思います。アコム CMで有名な消費者金融を利用する場合は、学生プランが良いです。学生プランは学生専用なので、返済しやすいと思います。キャッシングはカードローンは、いつでも利用できる商品です。手軽に利用できるので、学生にはうれしいと思います。消費者金融は急な出費やショッピングに利用することも可能です。

オリックス銀行カードローンの審査は厳しい?

法人でも利用しやすい消費者金融

消費者金融というと、個人が利用するためのサービスとして進歩してきたのですが、現在では個人だけではなくて法人にもサービスを提供しています。
消費者金融は、個人よりも法人のほうが利用しやすいという特徴があります。法人の場合には審査も短く、多くの消費者金融では即日融資を行っています。また、個人で借りるよりも金利は低めに設定されているのです。
法人はなぜこれだけ優遇されているのかというと、個人よりも返済可能性が高いと判断されるからです。返済可能性が高いために、審査もあまり厳しくなく、そして金利も低めに設定されています。
注意しておきたいのは滞納です。返済ができなくなってしまうと、その情報はすぐに他の金融機関にも流されます。ですから、他の金融機関で借りようと思ったときには、融資を受けることができなくなってしまう可能性があるのです。滞納をすれば会社の信用力はすぐに落ちますから、借りたのなら必ず返済しなければならないのです。

銀行系カードローン

無職が融資を受けるには?

仕事をしていない無職の方は、融資を受けられないと思われるかもしれませんが、方法がないというわけではありません。

会社員やアルバイトやパート従業員と比べると利用限度額が低くなりますが、申し込みを認めている業者もあります。

ここでは、無職の方が融資を受ける場合の注意点についてご紹介します。


<無職は総量規制で借りられない!?>

「自分は無職だから融資を受けることができない」と思われるかもしれませんが、これは貸金業法の「総量規制」という仕組みによるものです。

総量規制は、融資を受ける人の「年収の3分の1まで」しか貸し付けをしてはならない、というものです。

つまり、アルバイトで年150万円の収入がある人は「50万円」を上限に融資を受けられることになります。

しかし、無職の方の年収は0円ですので、その3分の1も「0円」となり、総量規制の影響により1円も融資を受けられないことになります。


<銀行は総量規制とは無関係!?>

この総量規制が2010年に始まったことで、「無職や専業主婦は融資が受けられない」という話が広まりました。

しかし、総量規制を受けるのは、消費者金融や信販会社など、いわゆる貸金業者ですので、貸金業者ではない「銀行」からは融資を受けられる可能性があることになります。

銀行カードローンの中には、本人に収入のない方の申し込みを認めている場合、認めていない場合があります。

そのため、無職の方が融資を受けるには、銀行カードローンの中で収入の要件がないところを探す必要があります。


<無職におすすめできるカードローンとは?>

無職や専業主婦に薦めできるカードローンは、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」です。

バンクイックは、「専業主婦など本人に収入がない方」の申し込みも認めていますし、審査も30分程度で終わります。

金利も最高で年14.6%と低く設定されていますので、金利で残高が増えすぎてしまうという心配もありません。